ブログ|スマイルハウス坂口工務店

オフィシャルブログ

住まいづくりフェア2023参加決定(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【住まいづくりフェア2023について】ご紹介させていただきます(^O^)/

この度、2月18日・19日に行われる住まいづくりフェアに参加することとなりました(≧▽≦)パチパチパチ

開催日:2023年2月18日(土)・2月19日(日)

開催場所:西原商会アリーナ(鹿児島アリーナ)

開催時間:10:00~16:00

参加費 :無料(どなたでも参加無料)

当日は、スタンプラリー等、催し物も多数ございます!(^^)!♪♪

外壁塗装・屋根塗装・内装リフォームでお悩みの方やお考えの方、相談や見積りは無料です!!

相談するだけでも大丈夫!! とりあえず、金額だけでも知りたいでも大丈夫!!

この機会に是非1度、相談してみませんか??

沢山のご来店お待ち致しております(*^^*)♪♪♪

 

********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

屋根・外壁・ベランダの劣化症状についてご紹介(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【屋根・外壁・ベランダの劣化症状について】ご紹介させていただきます(^O^)/

■屋根の劣化症状■

〇ひび割れ〇

スレート瓦のひび割れから水が浸入する危険性があります。ひび割れが0.3㎜以上ある場合は注意が必要です。ひび割れから建物内部に水が浸入すると野地板が腐食してしまいます。

〇棟板金のサビ〇

棟板金に錆が発生することにより棟板金止め釘の抜けが発生。釘が抜けた結果、強風で板金が外れたり水の浸入で貫板が腐食する危険性があります。

〇色あせ・艶引け〇

色あせや艶引けは、紫外線や水の影響により塗料の膜が薄くなることで発生する劣化症状です。放置すると、建物の防水性が低下するため、屋根から水が浸入、野地板などが腐食し、雨漏りが発生しやすくなります。

〇藻やカビの発生〇

藻やカビは塗膜が劣化し、撥水性(水をはじく性質)が低下することで発生します。撥水性の低下=水分を含みやすい状態のため、野地板や垂木などの腐食が発生する危険性があります。

■外壁の劣化症状~モルタル~■

〇ひび割れ〇

ひび割れが発生すると、そのひびから水が浸入します。水の浸入により建物内部の構造体や断熱材が腐食する危険性があります。

〇チョーキング〇

チョーキングは紫外線や水の影響により、塗膜の分子の結合が破壊されることで発生する塗膜の劣化症状の一つです。放置すると、建物の防水性が低下し、モルタルが水を含むことで構造体が腐食する危険性があります。

〇塗膜の剥がれ〇

塗膜の剝がれは、下地と塗料の密着が悪いことが原因で起こりやすい劣化症状です。剥がれた箇所から水分が浸入してしまい、構造体が腐食する危険性があります。

〇藻やカビの発生〇

外壁の藻やカビは、周辺に川などがあり湿気の多い箇所や日当たりの悪い北面の外壁に多く見られます。藻やカビが発生する箇所は水分を含みやすい箇所のため、モルタルに水が染み込み建物内部の腐食が発生する危険性があります。

■外壁の劣化症状~サイディング~■

〇目地部のひび割れ・欠損〇

サイディングの目地がひび割れを起こすと、そのひびから水が浸入し、建物内部の構造体や断熱材が腐食する危険性があります。

〇サイディングのひび割れ〇

サイディング自体がひび割れを起こすことで、そのひび割れから水が浸入し、建物内部の構造体や断熱材が腐食する危険性があります。さらに冬場は、内部に浸入した水が凍結と膨張を繰り返す(凍結融解)ことで、サイディングの表層が剥離してしまいます。

〇サイディングの反り〇

サイディングの目地部の割れから浸入した水分が膨張と収縮を繰り返すことで反りが発生します。反りにより隙間が発生し、その隙間から水が浸入することで建物内部の構造体が腐食する危険性があります。

〇釘周辺のひび割れ〇

釘はサイディングボードの端に打たれるため、ひび割れが起きやすい箇所です。釘周辺にひび割れが起きると、サイディングが脆くなり、水が浸入しやすくなるため建物内部の構造体が腐食する危険性があります。

■ベランダの劣化症状■

〇目地のひび割れ〇

ベランダと建物本体をつなぐ目地部がひび割れを起こすと、そのひび割れから水が浸入通し柱などの構造体が腐食する危険性があります。

〇笠木のひび割れや塗膜の剝がれ〇

ベランダの笠木にひび割れや塗膜の剥がれが発生すると、ベランダ本体に水が浸入します。放置すると、ベランダ本体の構造体が腐食します。

〇サッシと壁の間からの水の浸入〇

ベランダのサッシと壁の間にひび割れや塗膜の剝がれが発生すると水が浸入し、建物の構造体が腐食する危険性があります。

 

★★★上記の内容に一つでも当てはまる方★★★

まずお見積りを見てから、お考え頂いても全然構いませんよ~(^^♪

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にご連絡ください(*^^*)

********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

サイディング壁の特徴についてご紹介(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【サイディング壁の特徴について】ご紹介させていただきます(^O^)/

建物の外壁に使用される外壁材は、雨や風などを防ぐ、外部からの火災による延焼を防ぐなどの役割があります。また、自然環境から建物を守るだけでなく、住まいの外観イメージを大きく左右する大切な建材でもあります。

そしてその外壁材の中には「サイディング」、「モルタル」など様々な種類がありますが、その中でも「サイディング」は近年最も高い人気を誇る外壁材で、色や柄が豊富なものが多く、おしゃれな建物を演出できます。

■1.サイディングのメリット・デメリット■

そもそもサイディングとは何でしょうか?サイディングとは、「板状外壁材の総称」で、現在新築やリフォームに使用される外壁材の中でも主流となっている建材です。

①サイディングのメリット

〇耐久性が高く、経年劣化が塗り壁に比べて少ない〇

他の外壁材に比べて経年劣化しにくく、ひび割れや塗装の剥がれが起こりにくい外壁材です。

〇単価がやすい〇

工場生産で大量に生産しているため、モルタル外壁やALCなどの他の外壁材に比べると、単価が安く品質が安定しているのが特徴です。

〇デザインやカラーバリエーションが豊富〇

色や模様(デザイン)が多彩で、自分好みの色合いのモノを選ぶことができます。モルタル外壁で味気なさを感じていた方が「今までのイメージを変えたい」という理由を使用することが多いようです。

②サイディングのデメリット

〇熱を吸収しやすい〇

サイディングの中でも、窯業系サイディングは特に熱がたまりやすく(蓄熱)、真夏に直射日光を浴びる壁面は表面温度が60℃以上になることもあり、屋内の温度が上昇しやすくなるなどの懸念もあります。

〇塗膜がなくなると水を吸収してしまう〇

窯業系サイディングの表面に使用している塗料の性能によりますが、施工から5年~10年経過すると、表面の防水機能が低下してしまいます。そのため、表面から水を吸収しやすくなってしまい、建物内部のカビの発生に繋がる可能性もあります。

〇コーキングのメンテナンスが必要〇

サイディング自体は汚れや劣化に比較的強い性質を持ちますが、コーキング部分8サイディングとサイディングのつなぎ目部分)はどうしても経年劣化してしまいます。経年劣化により、ひび割れが発生し、そのひびから水が浸入、雨漏りが発生する可能性があります。そのため、このコーキング部分は定期的にチェック、メンテナンスをする必要があります。

③他の外壁材のメリット・デメリット

現在住宅に使用されている外壁材は主に、モルタル・サイディング・ALCの3つです。特徴をご紹介します。

■ALCパネル■

【メリット】計量気泡コンクリート言う、軽石のような外壁材。一番の強みは断熱性が高い点。耐震性にも優れているため、マンションなどの大型建物において使用されている。

【デメリット】防水性・表面強度に乏しく、建物が雨漏りをおこしたり、内部の腐食が起こる可能性があります。凍害が生じる危険性がある。

■モルタル■

【メリット】砂、セメント、水を混ぜた材料。昔の木造の家によく使用された。耐久性に優れているほか、サイディングのように、シーリングが劣化する心配がない。

【デメリット】工程が複雑でコストが高い。また、ひび割れが発生しやすい。ALCと同様に、外壁自体に防水機能を持たないため、防水性を持つ塗料で塗り替える必要がある。

■サイディング■

【メリット】現在新築時などにおいて主流となっている建材。窯業系、金属系、木質系、樹脂系の4種類があり、耐久性に優れ、デザイン性が高いのが特徴。

【デメリット】断熱性に劣るため、夏場に室内が暑くなる。塗膜が薄くなると吸水しやすくなり、劣化が早くなってしまう。

④サイディングはどんな人にオススメ?

サイディングが他の外壁材と比較して、特に優れている点は、なんといっても「デザイン性が高い」点にあります。ALCやモルタルのような単調な仕上がりになる外壁材と比較すると、色、デザイン、模様がとにかく豊富です。

「おしゃれな外壁にしたい」「単調な塗り壁に飽きてきた」という方でかつ、「安価に施工できるものが良い」という方にオススメの外壁材と言えます。

■2.サイディングの種類と特徴■

サイディングは、①窯業系 ②金属系 ③木質系 ④樹脂系の4種類に分類されます。同じサイディング外壁でも素材によってその特徴や見た目は大きく変わります。

①窯業系サイディング

窯業系サイディングは、セメントなどを原料として木片や繊維などを混ぜて加工、成形したサイディングです。窯業系サイディングは、外壁材の中でも最もシェアが高い外壁材で、各メーカーから様々なデザインの製品が販売されています。

【特徴】耐震性や防水性に優れています。また、カラーバリエーションやデザインが豊富で、レンガ調のもの、タイル調、木目調のものなど、おしゃれな風合いのデザインが多いのが特徴です。

耐用年数は7年~8年。『おしゃれでデザイン性に優れている外壁材が良い』という方にオススメです。

②金属系サイディング

金属系サイディングは、表面は金属系の素材で裏は断熱材の素材で構成されている外壁材。金属製のため丈夫な造りで、メッキと塗装処理により腐食しにくい、という特徴があります。

【特徴】防音性・防水性に優れていて、ひび割れや凍害にも強い耐性を発揮します。軽量であるため、建物自体にかかる負担が少ないのも特徴です。窯業系サイディング同様、デザインやパターン、カラーバリエーションが豊富です。

耐用年数は10年~15年。『耐震性に優れた外壁材が良い』『モダンな雰囲気の家にしたい』という方にオススメのサイディングです。

③木質系サイディング

天然の木に塗装したサイディングです。湿気の多い日本において、木の呼吸を遮らない加工を施したものが多く使用されています。木ならではの風合い、暖かさを感じられる外壁材です。

【特徴】断熱性に優れていて環境に優しいのが特徴で、木の自然な風合い・味わいを感じられます。窯業系・金属系サイディングとは違い、目地(材料と材料のつなぎ目となる部分)がないため、シーリングが不要です。ただし、木を使用しているため、水に弱く、メンテナンスを怠ると腐食する危険性もあります。

耐用年数は約10年。『木の風合いを楽しみたい』という方にオススメのサイディングです。

④樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは、塩化ビニル樹脂を原料としたもので、塩害や凍害などに優れた耐久性を発揮します。また金属系サイディングと同様、軽量であるため、建物自体かかる負担が少なくなります。

【特徴】腐食や錆の発生、色あせ、塗膜の剥がれなども発生しないことから塗り替えも不要です。メンテナンスの手間がかからない外壁材です。しかし、まだまだ日本では普及していない種類のサイディングであるため、施工業が少ないのが現状です。

耐用年数は10年~20年。『メンテナンスの手間を省きたい』という方におススメです。

⑤サイディングの種類別の特徴

■3.サイディング外壁にリフォームする方法■

サイディング外壁は新築住宅によく使用される外壁材であると同時に、リフォームにもよく使用される外壁材です。

①重ね張りリフォーム

モルタルやALCなど既存の外壁の上に下地材を取り付け、その上に新しいサイディングなどの外壁材を重ねて張る方法です。もう一つのリフォーム方法である、張替えリフォームよりも廃材が出ないため、安価に施工できます。しかし、外壁の躯体に問題ない場合しか、重ね張りリフォームは施工できない、というデメリットもあります。また、もとの外壁に外壁材が加わるために、既存の壁の強度、下地の腐食の有無をチェックする必要があり、軽量のサイディングが用いられることが多いです。重ね張り工法の費用は、150万円~(延床面積120㎡)が相場です。

【こんな人に重ね張りリフォームはオススメ!】
リフォーム業者に事前に確認してもらい、建物の構造部分が劣化していない場合に、重ね張り工法を行なうことをおすすめします。重ね張り工法のメリットは、既存の外壁を下地として使用するため、廃材の処分が少なく、かつ断熱性を向上できる点にあります。安価でサイディング外壁にしたいかたはぜひ重ね張りリフォームを選択することをおすすめします。

②張替えリフォーム

外壁の下地が劣化して雨漏りなど問題がある場合、張替えリフォームを行います。張替えはモルタルやALCなど既存の外壁を剥がして、下地から貼り直すリフォーム方法です。断熱材や防水シートの施工や廃材処理などを行うため、重ね張りよりも費用は高くなってしまいます。張替え工法の費用としては、200万円~(延床面積120㎡)が相場です。

【こんな人に張り替えリフォームはオススメ!】
リフォーム業者に事前に確認してもらい、建物の構造部分が劣化が激しい場合には、張り替えを行なうことをおすすめします。

■4.サイディング外壁を選ぶ上で押さえておきたいポイント■

①まずは好みのデザインを探すことが第一歩!

サイディングはとにかく種類が多く、いきなり一つに絞るのは難しいのが現状です。

【サイディングのデザインバリエーション】

〇ストライプ〇

〇木目調〇

〇タイル柄〇

〇レンガ風〇

〇石柄・岩柄〇

〇個性派模様〇

好みのデザインのサイディングは見つかりましたか?好みのデザインが見つかったら次は色を選ぶ作業です。

②周辺環境や外観デザインとの調和を考えた色にするべし!

サイディングに限らずですが、外壁材の色を選び際は、周辺の建物や街路樹などの自然環境などとの調和を考慮することが求められます。街並みになじみやすく、違和感のない色を選ぶことが大切です。最近ではホワイト系やベージュ系の色をベースにする色を選ぶ方が多いようです。ホワイトやベージュは、街並みや他の家となじみやすいのでオススメです。ホワイト系やベージュ系の色のベースにしながらアクセントとして濃い目のグレー、ブラック、ブラウンなどを取り入れる家も多くなっています。おしゃれなサイディングの事例については次の第5章にて詳しくご紹介します。

③大きなサンプルや施工事例を入念に確認するべし!

外壁の色を選ぶ上で注意したいのはカタログや小さなサンプルだけで判断しないことです。小さなサンプルの色と実際に施工された色では印象が大きく異なることがあるためです。小さなサンプルにおいて暗く落ち着きを感じる色であっても、大きな外壁面となると華やかで明るく見えてしまうことがあります。

イメージにぴったりの色を選ぶためには可能な限り大きめのサンプルを確認したり、実際に使用している施工事例を見るなど、入念に確認して色を検討する必要があります。もしこの確認を怠ってしまうと、仕上がりを見て、「想像していた色と違う」といった事態にもなりかねません。このような事態を招かない為にも、色確認はしっかりと行うようにしましょう。

④サイディングの貼り分けやアクセント使いをすると個性的な仕上がりに

一般的にサイディングは全面に同じ素材で同じ色の材料を使用します。そのような全面張りの場合、シンプルでスッキリとした印象の仕上がりになります。最近では、全面同じ素材ではなく、2つの種類(色柄)を用いて貼り分ける事例が増えてきています。1階と2階で素材を分けたり、正面部分だけで違う色柄を用いるなど、様々な工夫が見られます。このような色柄の使い分けをすると、軽快な印象になったり、伸びやかな印象になるなど、全面張りのシンプルさとは違った、個性的な仕上がりになります。

■5.おしゃれなサイディング外壁事例の紹介■

①ツートンカラーの事例

色を使い分ける「ツートンカラー」で仕上げる方法は建物をおしゃれに仕上げるためのオーンドックスな方法です。

②アクセントの事例

違う素材をワンポイントで用いたり、玄関周りだけ違う色を使う「アクセント」の仕上げも人気があります。

③異素材の組み合わせの事例

違うサイディングの素材を組み合わせるとより一層おしゃれな外観に仕上げることができます。通常の家とは違う存在感のある建物に仕上がるため、普通とは違う雰囲気にしたい方におススメです。

「サイディング」について、種類別の特徴、サイディング外壁にするリフォーム方法、リフォームする上での色選びのポイント、おしゃれな施工事例など、自分好みに色や素材をアレンジできる「おしゃれな」点にあります。

「単調に塗られた壁に飽きてしまい、おしゃれな見た目の家にしたい」という方はぜひサイディングへのリフォームを検討してみてください。

 

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にご連絡ください(*^^*)

 ********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

外壁塗装ベストなタイミングのご紹介(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【外壁塗装ベストなタイミングについて】ご紹介させていただきます(^O^)/

「築何年目に外壁塗装をするのがいいのか」「外壁塗装をしてから何年ぐらい経ったら、再度、外壁塗装が必要なのか」など、何年経ったら外壁塗装をすればいいのか、年数の目安が知りたいという方は少なくないでしょう。

新築の場合、外壁塗装のタイミングは、おおよそ築8~12年が目安です。ただし、お住まいの外壁材の種類や劣化の進行具合によっては、たとえば築12年目を迎えても、まだ外壁塗装が必要のない場合もあります。また2度目の外壁塗装の場合は、前回の塗装時に選んだ塗料の種類などによって、外壁塗装が必要な年数の目安が変わります。

■1.外壁塗装は何年経ったらするべき?年数の目安■

①新築の場合、築8~12年目が一つの目安

新築で、まだ外壁塗装をしたことがないという場合、外壁塗装をするタイミングは築8~12年目が目安です。

新築にお住まいで、「築何年目ぐらいに外壁塗装をするのが良いのだろうか」と疑問に思われている方は、ひとまず上記の数字を頭に入れておくのがいいでしょう。

「もう少し正確に、年数の目安が知りたい」という場合は、外壁材の耐久年数(メンテナンス周期の目安)を指標とすることもできます。外壁材は種類によって耐久年数が異なります。耐久年数の長い外壁材であれば、耐久年数が短い外壁材に比べて、当然、外壁塗装が必要となるタイミングも後ろに倒れます。外壁材の種類によっては、築12年目を迎えても、まだ外壁塗装をしなくても問題ないということもあります。

「外壁材の種類別」耐久年数(メンテナンス周期の目安)

※あくまで目安の年数です。

※外壁材の耐久年数が長くても、外部環境や劣化の進行具合によっては、早々に外壁塗装が必要となる場合もあります。

②二度目の外壁塗装の場合、塗料の種類によって年数は異なる

過去に外壁塗装した家にお住まいで、「二度目の外壁塗装のタイミングを探っている」という場合、前回何の塗料を使用したのか確認してみてください。使用した塗料の耐久年数(メンテナンス周期の目安)がわかれば、次は何年後に外壁塗装をすればいいのか、年数の目安が分かります。

「外壁塗料の種類別」耐久年数(メンテナンス周期の目安)

※あくまで目安の年数です。

※外壁材の耐久年数が長くても、外部環境や劣化の進行具合によっては、早々に外壁塗装が必要となる場合もあります。

■2.年数以外にも、外壁塗装の時期を見極める方法がある■

①外壁塗装の時期は劣化症状で判断すると間違いない

時間の経過とともに、外壁には様々な劣化症状が現れます。この劣化症状を確認することで、外壁塗装が必要なタイミングをより正確に見極めることができます。

外壁に下記のような劣化症状が一つでも見られる場合は、外壁塗装が必要な時期です。

【外壁塗装が必要な劣化症状】

〇0.3㎜以上のひび割れ〇          〇色あせ〇

  

〇チョーキング〇               〇塗膜の剥がれ〇

(外壁を手で触ると、粉状のものが付着する状態)

 

〇カビ・苔・藻の発生〇          〇錆(さび)の発生〇

   

外壁の劣化症状によって外壁塗装が必要なタイミングを見極める方法は、年数による見極めより正確です。年数は一般的な目安ですが、上記の劣化症状を診る方法の場合、実際に住まいを診て判断をするため、外壁塗装をすべきタイミングかどうか、より正確に分かります。

外壁の劣化スピード(外壁塗装が必要となるタイミング)は、外部環境によって大きく変わります。全く同じ外壁材を使用して、全く同じ時間が経過していても、たとえば住まいのある場所が海沿いや工場地帯なのか、住宅地なのか等によって、外壁塗装が必要となるタイミングが大きく変わることは珍しくありません。このあたりのことを考慮して、外壁塗装が必要なタイミングをより正確に判断をするためには、劣化症状を診るのが最も確かで間違いありません。

②外壁塗装の時期に迷ったらプロに診てもらうのがおススメ

外壁塗装を見極めるならば、劣化症状を診て判断する方法が一番確かで間違いありません。とはいえ、自身で判断するのを難しく感じる方も少なくないでしょう。「自身で外壁に劣化症状が現れていないか見てみたけれど、よく分からない・・・」という場合は、プロに診てもらうのがおススメです。

プロの場合、劣化症状を目視で確認するだけでなく、気になる箇所をルーペで拡大してチェックしたり、外壁を打診棒で叩いて音で状態を確かめたり、細かく診ていくため、より正確に外壁塗装の必要有無やタイミングが分かります。

外壁塗装のプロである塗装会社の多くが、外壁塗装が必要な時期かどうかを診る「診断」「点検」といったサービスを実施しているので、こうしたサービスを利用するのもおススメ。診断や点検だけなら無料で対応してくれる塗装会社も少なくありません。

新築で購入したお住いの場合は、ハウスメーカーに相談するという手もあります。また、二度目の外壁塗装を検討されている場合は、前回お願いした塗装会社に相談するのが良いでしょう。

③定期的に「掃除」をすれば、外壁塗装の時期を後ろに倒せる!?

費用も手間もかかる外壁塗装。「外壁塗装のタイミングを、1年でも2年でも後ろに倒せたら・・・」と思われる方も少なくないでしょう。ずばり、外壁塗装の時期を後ろに倒すためには、定期的な掃除が有効です。なぜならば、外壁の掃除には、外壁の劣化進行を抑える効果もあるからです。

特に海の近くにある住まいは掃除が大きく効果を発揮します。定期的に壁に付着した塩を洗い流すことで、外壁の劣化進行を抑えることができるはずです。

多くの外壁材には「塗装」が施してあります。(新築の場合も、多くの外壁材には塗装が施してあります。)そして、塗装が防汚性・遮熱性・防水性・防カビ性など様々な性能(※備わっている性能は塗料製品によって異なる)を発揮することで、外壁の劣化が進行するのを抑えています。しかしながら、塗装(外壁)が汚れてしまうと、十分に性能が発揮できなくなるため、加速度的に外壁の劣化が進行してしまうことがあります。つまり、早々に外壁塗装の時期が訪れてしまうということです。

定期的に掃除をしておけば、上記のような汚れによって塗装が性能を発揮できないという事態を防げるため、外壁の劣化の進行を抑えることができるというわけです。

家庭用の高圧洗浄機などを使うと、自身でも簡単に外壁を掃除することができます。ただし、高所に登っての作業が必要な場合は、大変危険なので、無理せずにプロに依頼することを強くオススメいたします。ちなみに、プロに外壁の掃除を依頼した場合の費用は、100~300円/㎡が目安。足場の設置が必要な場合は、別途、足場費用がかかります。

何年経ったら外壁塗装をすべきか、新築で、まだ一度も外壁塗装をしたことがないという場合は、築8~12年目が目安です。二度目に外壁塗装の場合は、前回、何の塗料をしたかによって、次は何年後に外壁塗装をすればいいのかの、年数の目安が変わります。

 

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にご連絡ください(*^^*)

 ********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

雪雪雪ぃぃぃ(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【雪雪雪ぃぃぃについて】ご紹介させていただきます(^O^)/

昨日から今日にかけて、鹿児島は大雪でしたー(; ・`д・´)

7年前の今日、24日・25日(同じ日)にも、大雪が降ったそうでぇぇぇすΣ(゚Д゚)

昨日は、帰り大渋滞!!朝は、立ち往生している車が多数(・・;)

怖いですね~(゚д゚)!!

現在の市内は、だいぶ雪溶けております(朝の雪は何だったんだぁぁぁって感じ)が・・・

日陰は雪が溶けておらず、つるんっつるんっ滑ります( ;∀;)

運転する際、歩く際は皆様、スリップ事故&転倒なさらない様、お気をつけてください!!

雪で家の修理が必要な際には、お気軽にご連絡くださーい(≧▽≦)

 外壁塗装・屋根塗装の方もお気軽にご連絡くださーい(≧▽≦)

********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

外壁塗装ひび割れの原因は?についてご紹介(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【外壁塗装ひび割れの原因について】ご紹介させていただきます(^O^)/

外壁塗装にひび割れを見つけて、

「原因は何!?」「なぜ外壁塗装にひび割れが?・・・」といった疑問を持った方は少なくないでしょう。ずばり外壁塗装にひび割れが発生する主な原因は5つあります。

①外壁塗装の経年劣化 ②外壁塗装の施工不良 ③車や電車などの振動

④地震 ⑤住まいの構造の問題 等

外壁塗装に生じるひび割れの多くは、①の経年劣化が原因です。早々にひび割れが生じた場合には②の施工不良の可能性もあります。場合によっては、③④⑤などの原因でひび割れが生じることも。

■1.原因■

①外壁塗装の経年劣化

外壁塗装は時間の経過とともに劣化が進行します。ある程度劣化が進行すると、劣化症状としてひび割れが生じることがあります。外壁塗装をしてから数年後にひび割れが生じた場合は、経年劣化が原因である可能性が高いです。

外壁塗装に生じるひび割れの多くが、この経年劣化が原因です。

②外壁塗装の施工不良

外壁塗装時に施工不良があった(塗装業者による施工内容に不備があった)場合にも、ひび割れが生じることがあります。外壁塗装してすぐ、数カ月~1年以内にひび割れが生じた場合には、施工不良が原因の可能性があります。塗装をしてから数年経って生じたひび割れの原因が施工不良であることは、まずありません。

【施工不良の例】

〇乾燥不足〇「一般的な外壁塗装の流れ」

下塗り⇒(乾燥時間)⇒中塗り⇒(乾燥時間)⇒上塗り

下塗り後、中塗り後には、塗料を乾燥させるための時間「乾燥時間」を必要とします。ちなみに、どれくらい乾燥時間が必要かは、各塗料メーカーによって製品ごとに定められています。この乾燥時間を守らず、下塗りや中塗りが乾かないうちに次の工程を進めてしまうと(上から塗り重ねてしまうと)、ひび割れが発生してしまうことがあります。

〇塗料の選択ミス〇

塗料を選ぶ際に注意しなければならないのが、

・外壁材(下地)と、下塗り塗料の相性

・下塗り塗料と、中塗り・上塗り塗料の相性

(中塗りと上塗りには、同じ塗料製品を使用するのが一般的です。)です。塗装業者の知識不足等により相性のよくない塗料を選んでしまうと、外壁塗装のひび割れや、塗膜の膨れ・剝がれなどの不具合を引き起こしてしまうことがあります。

③車や電車などの振動

車(特に大きなトラックなど)や電車などが通過する時には、少なからず振動が生じます。この振動が地面を伝って住まいにも振動を与え、その結果、外壁塗装にひび割れが生じてしまうことがあります。特に、大きな道路沿い、線路の近くなどに住まいがある場合には、頻繁に振動を受け続けることになるため、外壁塗装のひび割れが生じやすい傾向にあります。

④地震

地震による揺れが原因で、外壁塗装がひび割れることがあります。この場合、表層の外壁塗装だけではなく、外壁材などもひび割れている可能性が高いです。

⑤住まいの構造の問題など

・住まいの構造の問題

・地盤の問題(住まいを建てている地盤に弱い箇所があるなどの原因で、住まいが傾いてしまうことがあります。)がある場合にも、外壁塗装にひび割れが生じることがあります。表層の外壁塗装だけではなく、外壁材などもひび割れている可能性が高いです。

⑥外壁塗装のひび割れの原因は、一つとは限らない

外壁塗装のひび割れは、一つの原因で生じるとは限りません。複合的な原因で、ひび割れが生じることもあります。

■2.外壁塗装のひび割れは放っておいて大丈夫?補修が必要?■

外壁塗装のひび割れの進行段階によって、補修が必要かどうかを判断するのが一般的です。

①ひとまず経過観察でもOKなひび割れ

外壁塗装のひび割れが幅0.3㎜未満の場合、ひとまず経過観察でも問題ありません。

※幅0.3㎜未満のひび割れのことを、「ヘアークラック」と言います。

ただし、幅0.3㎜のひび割れも、時間の経過とともに、いずれは大きなひび割れに進行する可能性もあります。そのため、ひび割れが大きくなっていないか、今後も定期的にチェックをする必要はあります。もしくは、幅0.3㎜未満のひび割れの段階で、早々に補修をしてしまうもの一つの手。塗装業者に依頼をしても良いですし、幅0.3㎜未満のひび割れであれば自身での補修も可能です。ちなみに、ひび割れの幅は、「クラックスケール」という道具で測定するのがおススメです。クラックスケールは、ホームセンターやインターネット等で購入できます。

②補修が必要なひび割れ

外壁塗装のひび割れが、幅0.3㎜以上の場合は、補修を検討しましょう。

ひび割れの問題は、見た目が悪いだけではありません。ある程度ひび割れが大きくなると、次第に雨水の浸入を許すようになります。外壁材に雨水が染み込めば、外壁材は加速度的に傷んでいきます。さらに、躯体にまで雨水が浸入してしまうと、雨漏りが起こる可能性が高まるほか、カビやシロアリが発生してしまうことも。躯体の腐食が進むと、最悪の場合、早々に住まいの寿命を迎える・・・なんてことにもなりかねません。

ひび割れは放置するほど、進行して幅も広がっていき、ますます雨水が浸入しやすい状態となる可能性大。そのため、現在、ひび割れが幅0.3㎜以上の場合は、早めに補修することをお勧めします。

〇外壁材までひび割れている場合〇

外壁材にまでひび割れが進行している場合は、早々に補修が必要となります。

場合によっては、ひび割れ補修だけでなく、外壁材の補修もしくは外壁の張替え、外壁内部の補修等が必要となることもあります。

※「地震」「住まい構造の問題など」が原因でひび割れが生じている場合には、住まいの躯体等にまで影響が及んでいることも。その場合、躯体の補修など、大がかりな補修工事が必要となる可能性もあります。

③自身で判断が付かない場合は、プロに診てもらうべし!!

「外壁塗装のひび割れ補修が必要かどうか、自身では判断がつかない」という場合は、プロの塗装業者に診てもらうのがおススメです。”自身で誤った判断をして、ひび割れ補修をせずに放置した結果、住まいが大変なことに・・・”ということもあるため、少しでも疑問や不安がある場合には、ひとまずプロに診てもらうのがいいでしょう。

そのため、ひびわれ補修をするべきかどうか、自身でチェックするよりも正確に判断ができるのは、間違いありません。あわせて、ひび割れ補修にかかる費用(見積り)も、算出してもらえるため、(プロに診てもらうことで)補修をするかどうか、いつ補修をするか、より現実的に検討することができるはずです。

■3.外壁塗装のひび割れはプロに依頼すべき?費用は?■

①外壁塗装のひび割れ補修はプロに依頼するのがベスト!

幅0.3㎜以上のひび割れ補修は、プロに依頼をするのがおススメです。

幅0.3㎜以上のひび割れとなると、補修方法は、ひび割れの原因や状態、また外壁材の種類によっても変える必要があります。このあたりを見誤って、間違った方法で補修をしてしますと、

・外壁材を痛めてしまった

・外壁内部の補修が必要だったが、表面のひび割れ補修しかしなかったために、躯体の腐食が進んでしまった。などの事態を引き起こしてしまう可能性も十分にあります。

そのため、幅0.3㎜以上のひび割れについては、プロに依頼をするのが安心です。

②費用相場、ひび割れ補修

ひび割れの補修にかかる費用は、補修内容によって異なります。

◎ひび割れ補修の費用相場:2,000~3,000円/m程度◎

※足場を建てる場合、別途、足場費用がかかります。補修方法等によっては、上記の実際の価格が大きく異なる可能性も十分にあります。

ひび割れ補修をすると、補修跡が残ります。そのため、

「補修跡を残したくない」「ひび割れが多数発生している」

といった場合には、あわせて外壁塗装をするのがおススメです。

外壁塗装をすると、補修跡は見えなくなり、外観は新築時のように綺麗になります。外壁を施工してから、(もしくは前回の外壁塗装から)時間が経過しており、ひび割れ以外にも劣化症状が進行している場合にも、外壁塗装を検討するのがいいでしょう。

◎外壁塗装の費用相場:80~150万円(一般的な2階建て住宅/塗り面積200㎡)◎

また、ひび割れが大きく進行している場合には、

・住まい内部の補修(費用相場:補修内容によって費用は大きく異なる)

・外壁材の張り替え(費用相場:200万円~)

③ひび割れの原因によっては補修費用が無料に!

ひび割れの原因によっては、補修費用が無料になる可能性があります。

〇外壁塗装の施工不良の場合〇

塗装業者に明らかな落ち度があれば、無料で対応してもらえる可能性はあります。外壁塗装をしてすぐ、数カ月~1年以内にひび割れが生じた場合には、ひとまず、外壁塗装を施工した塗装業者に相談してみてください。

〇地震の場合〇

地震によって外壁材にひび割れが発生した場合等には、地震保険等がおりる可能性があります。地震保険等に加入している場合には、適用要件などを確認してみてください。

〇住まいの構造の問題など〇

住まいの構造の問題や地盤の問題でひび割れが発生している場合には、ひとまず売主等に相談をしましょう。住まいの構造や地盤などに問題があれば、無料で補修してもらえる可能性はあります。

■4.ひび割れ補修方法■

〇フィラーすり込み〇

ひび割れの表面に、微弾性フィラーと呼ばれる材料をすり込む。

〇Uカットシーリング処理〇

ひび割れ箇所をU字にカットし、カットした部分に専用プラマーを塗布、シーリングと呼ばれる材料を充填。さらに樹脂モルタルと呼ばれる材料等で、表面を平滑に仕上げる。

外壁塗装にひび割れが発生する原因は5つあります。

①外壁塗装の経年劣化

②外壁塗装の施工不良

③車や電車などの振動

④地震

⑤住まいの構造の問題など

補修の必要有無は、ひび割れの進行具合で判断するのが一般的です。

幅0.3㎜未満の場合、ひとまず経過観察でも問題ありません。外壁塗装のひび割れが幅0.3㎜以上の場合は、補修を検討するのが良いでしょう。ひび割れが進行している場合、もしくは外壁材までひび割れている場合は、住まい内部にまで影響が及んでいる可能性もあるため、早々に塗装業者に診てもらってください。補修の必要有無について自身で判断が付かない場合は、プロの塗装業者に診てもらうのがおススメです。

診るだけなら無料で、対応してくれる業者も少なくありません。

 

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にご連絡ください(*^^*)

 ********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

エフエム鹿児島出演決定(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【エフエム鹿児島あさCafeについて】ご紹介させていただきます(^O^)/

来月より、第2・第4火曜日、AM8:20~AM11:00の

エフエム鹿児島【あさCafe】に出演させて頂く事となりましたー(*^^*)パチパチパチ

ちなみに明日24日もスマイルハウス営業マンが出演放送しまーす(*^^*)

スタッフの普段聞けないあんな事や、こんな事が聞けちゃうかも(笑)

お時間のある方、普段ラジオをお聞きの皆さん、

是非聞いてくださぁぁぁぁぁぁい(*’▽’)♪♪♪

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方・・・

内装リフォーム(お風呂・トイレ等)も行っております!!!

お気軽にご相談ください)^o^(

 ********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

おしゃれ外壁事例のご紹介(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【おしゃれ外壁事例について】ご紹介させていただきます(^O^)/

色あせや変色が発生してきた外壁を綺麗に塗り替えたい!そんなあなたの頭を最も悩ませているのはズバリ、「外壁の色やデザイン」ではないでしょうか。

「どうせ塗り替えるなら、今までとは全く違うおしゃれな外観にしたい」という方は非常に多いですが、具体的に配色などのイメージまで決まっている方はあまりいないのが現状です。

一口におしゃれといっても、建物のタイプや周囲の環境によっても基準が変わるのが難しいところ。外壁塗装はとても高い買い物なので絶対に後悔はできない!と慎重になってしまってはいませんか?

そんなあなたの手助けをするため本記事では、厳選した施工事例集を画像で紹介しながらお送りします。我が家と似た家はどのように塗り替えているのか、どんな色使いが流行っているのか、真似したくなるほどおしゃれな事例はあるのか。

ここで紹介する数多くの画像を参考に、あなたの住まいをどんなデザインにするかイメージを膨らませましょう。

■1.【外壁色別】色の使い方がおしゃれな施工事例集

①清潔感あふれるホワイト系の住まい

白はもっとも明るい色であるため、暗い色を引き立てる効果があります。もし外壁をホワイト系に塗り替える場合、屋根やピンポイントの装飾などでアクセントを付けることで非常にスタイリッシュな印象になります。

♦黒系の屋根や窓枠がアクセントに!♦

一面を白で塗り替えた外壁に、黒い窓枠や扉などが絶妙にマッチしています。

♦2本のラインが引き立つ高級感溢れる仕上がり♦

ベージュのラインを引き合わせることで、高級感のあるデザインになりました。白系の色が持つ「清潔」「高貴」といったイメージを引き立てています。

♦付帯部も白で統一し、明るい印象の住まいに♦

雨樋や基礎などの付帯部も白く塗り上げ、全体に統一感を出しています。

②鮮やかな印象を与えるベージュ系の住まい

ベージュ系は、最も人気が高い色の一つです。ナチュラルで柔らかい雰囲気の住まいにしたい方に特におすすめです。

♦緑との調和で温かい印象に!♦

ベージュ系の色は、緑との相性が抜群なのが特徴です。庭に植えられた植物などを上手く組合せて、温もりのある雰囲気を演出しています。

♦レンガ調の外壁と絶妙にマッチ!♦

レンガ調のサイディングなど、暖色系のワンポイントデザインとの相性は抜群です。このように住まいに元々ある装飾を活かしたい場合は、それに合わせて最適な色を選ぶことをおススメします。

♦ナチュラルな外壁が屋根の色を引き立てる♦

赤い屋根や青い空との調和がとてもおしゃれです。南国のスローライフを表現するような仕上がりです。

③温もりと安心感が魅力のブラウン系の住まい

ブラウン系の色には「温もり」「安心感」「伝統的」などのイメージがあります。その為、昔ながらの和風住宅や素朴な風合いが好きな方におすすめします。

♦森の温もりを思わせるおしゃれな住まい♦

庭に植えられた木々と、ブラウンに塗装された外壁が温かい雰囲気を醸し出しています。素朴でありながらハイセンスな仕上がりです。

♦素朴で落ち着いた仕上がりに変身!♦

安心感のあるブラウンで塗り替えることで、落ち着いた印象の住まいになりました。

④スタイリッシュなグレー系の住まい

グレー系の外壁は、住まいにシックで都会的な印象をプラスします。スタイリッシュかつ上品な住まいにしたい方におすすめです。

♦白との組合せで更に上品な外壁に!♦

グレーはどんな色にも合う、最高の引き立て役でもあります。この事例では、ライトグレーと白の組合せが絶妙にマッチしています。

♦緑や青が混ざったグレーの独特な色彩がハイセンス!♦

青や緑などの有彩色とグレーを混ぜ合わせることで、モダンな雰囲気を表現することができます。

⑤その他の色を用いた住まい

♦爽やかなブルーで気分を一新♦

開放感のあるブルーで一面を塗り上げています。周囲の景観を壊すことなく個性的な外壁を実現させています。

♦薄いグリーンで穏やかな印象の住まいに♦

派手ではなく落ち着いた外壁が好みだという方におすすめの色です。艶消し塗料などを選ぶと、さらに大人な印象になります。

♦クリア塗装で、模様を残したまま外壁を守る!♦

塗装することによって、サイディングの模様が消えてしまうのが嫌な方におすすめなのがクリア塗装。透明な塗料を外壁に塗ることで、見た目はそのままに外壁を保護することが可能です。

■2.【外壁材別】外壁材を最大限に活かした施工事例集

①窯業系サイディングの模様を最大限に活かした住まい

♦サイディングの目地を最大限に活かしたデザイン!♦

サイディングの目地部分だけを白く塗り分けることで、個性的な模様を作り出すことができました。

♦白と黒のコントランスが映えるモダンな住まい♦

モノトーンのデザインが非常におしゃれな外観に生まれ変わりました。色の組み合わせ次第で、イメージをガラっと変えることができます。

②モルタルの独特の質感を活かした住まい

♦モルタルの質感を活かした趣のある仕上がり♦

モルタルの質感と、さりげない装飾との組み合わせがとてもマッチしています。また艶を抑えた塗料を使うことで、塗り立てのピカピカ感を抑えています。

♦グリーンを基調としたコントランスがかわいい住まいに♦

モルタル外壁は緑や青、ピンクなどの比較的彩度が高い色も非常に似合います。業者にカラーシュミレーションを依頼して、様々な色を検討してみましょう。

③都会的なデザインが似合うALCの住まい

♦色の組み合わせが非常にハイセンス!♦

玄関とベランダだけをオレンジで塗り替え、アクセントとして利用しています。外壁の白がより際立つため、スタイリッシュな印象が強くなりました。

♦外壁材の模様を活かしたスタイリッシュな仕上がり♦

光沢のある仕上がりが、外壁の模様とマッチしたおしゃれな外観になりました。

■3.【イメージ別】個性的なデザインが光る施工事例集■

①ナチュラルで落ち着いた住まい

♦淡いベージュの外壁で柔らかい印象に!♦

クリーム系の淡い外壁色に、暗いブラウンのラインが映える上品な仕上がりです。雨樋や窓枠がホワイトであるため、更に柔らかい印象になります。

♦意匠サイディングとの組合せはバッチリ!♦

1階部分のサイディングの模様に合わせて、ベージュ系の色で塗り上げました。温かい印象を与えられるような絶妙な組み合わせです。

♦ライトクリームの外壁でおとぎ話のような印象に!♦

ライトクリームの外壁とグリーン系の屋根が、柔らかくメルヘンな雰囲気を演出しています。

♦淡いグリーンによる穏やかな仕上がり♦

淡いグリーンと白の組合せは、穏やかな印象を周囲に与えます。

②都会的でハイセンスな住まい

♦直線的なデザインが塗装で際立つ!♦

直線的でスタイリッシュなデザインを際立たせるために、付帯部や樋などの部分を黒く塗装。メリハリのある仕上がりになりました。

♦3色を組合せた立体的な仕上がり♦

シュミレーションを重ね、色の組合せを一新。さらに、特殊な塗料で左官仕上げのような質感を表現するなど、細部にもこだわりを貫いています。

♦ブルーのストライプが映えるスタイリッシュな住まい♦

ベージュ系をベースに、ブルーのストライプで印象をガラリと変えています。全体の統一感を出すために、付帯部も同色で塗り上げました。

♦外壁の素材感を引き立てるシックなデザイン♦

暗い色を用いることでシックな印象に。また、バルコニー部分のアクセントが洗練された印象を与えます。

③斬新かつポップな住まい

♦2色のラインの組み合わせがおしゃれ!♦

オレンジ系の明るい外壁に、白と黒の2色のラインがアクセントを加えています。元からあるボーダーを上手に活用するアイデアです。

♦意匠性の高い帯が目を引くおしゃれな住まい♦

帯部分に意匠性の高い石材を貼り付けることで、目を引く斬新なデザインに。塗装の枠にとらわれない、外装のトータルコーディネートを成功させています。

♦4色を組み合わせた高度なカラーデザイン!♦

青をベースに、復数の色を組合せています。赤のアクセントが非常におしゃれで、遊び心がありながらも洗練された印象を与えます。

■4.外壁塗装の色・デザインを決める際のポイント■

①まずは理想とするイメージを言語化しよう

いざ外壁塗装で住まいをおしゃれに変身させたいと思っても、実際にどんな色を選べばいいかで悩む方は非常に多いのが現状です。外壁に使いたい色が明確に決まっていない場合は、まずは「理想とするイメージ」から考えてみるといいでしょう。

「かわいい感じにしたい」「モダンな雰囲気にしたい」「落ち着いた感じにしたい」など、まずはご自身のイメージを言語化して、そこから色を逆算して考えていくと上手くいきます。下の図で、住まいのイメージにどんな色が対応しているのかをまとめています。ぜひこちらを色選びのご参考にしてください。

②周辺の環境にもマッチする色を選ぼう

近隣の住宅や街の雰囲気から浮きすぎない色を選ぶことも非常に重要です。必ずしも周りに合わせる必要はありませんが、周囲の住宅と同系統の色を選べばうまく景観に馴染み、色選びで失敗するリスクをふせぐことができます。

また気候や立地条件によっても選ぶべき色は変わってきます。例えば沖縄など日差しが強いエリアではパステルカラーの住まいが上手くマッチしますし、京都などの一部地域では外壁に使用できる色が制限されている場合もあります。その地域ではどんな色がおすすめなのかについては、地元の塗装店がよく知っていますので、お気軽に相談してみることをお勧めします。

③必ず事前にカラーシュミレーションを行おう

色見本だけでは実際に塗ったときの全体像がわからないため、塗装した後に違和感が生じてしまう場合も十分にありえます。住まいの形状にマッチしているのか、屋根色との組合せは、バッチリなのかなどを確認するために、必ずカラーシュミレーションを事前に行いましょう。

コンピューターや紙面で様々な色の組合せを試すことで、最適な組合せが見つかります。また、業者によっては実際の住まいの写真をもとにしたCAD図面を用いてシュミレーションを行ってくれるところもあります。自分の家を使って塗り替えのシュミレーションを行えるため、正確なイメージを掴むことが可能です。

ただ、紙や画面上で見た色と、実際に外壁に塗ったときの色は印象が変わる場合があるので注意が必要です。カラーシュミレーションで大まかな色の組合せを決定したら、A4サイズの色見本を見せてもらって、色味を確認することをお勧めします。

より実際の色に近い色を確認したい場合は、業者に依頼して外壁の一部分に試し塗りをしてもらうのも一つの手段です。希望とは微妙に異なる色味になって後悔してしまわないためにも、気軽に業者に相談してみるといいでしょう。

白系の色の中でも、すこしベージュがかった暖かい印象の色が人気です。一番人気のブロークンホワイトは、どんな住まいにもマッチする上、様々な色との組合せも抜群。非常に使い勝手がいい色だと言えます。

外壁の色や建物の素材、そして理想とするイメージ。外壁塗装のカラーデザインで失敗しないためには、実に様々な要素を考慮に入れていく必要があります。

全てにビフォー・アフター両方の画像を掲載していますので、あなたのお住まいに似た家がどのように変身したのかどうかも分かりやすいのではないかと思います。参考となる事例はありましたでしょうか?

色選びで迷った時は、本記事を参考にご自身のイメージをしっかりと固めてください。あなたの住まいが、あなたらしいおしゃれなデザインに生まれ変わることを願っています。

 

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にご連絡ください(*^^*)

 ********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

屋根塗装についてのご紹介(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【屋根塗装について】ご紹介させていただきます(^O^)/

屋根を長持ちさせるためには、定期的な塗装が必要です。

ただし、全ての屋根が塗装を必要とするわけではありません。屋根の種類によっては、塗装は不要なことも。

「わが家の屋根は、今すぐ塗装が必要?ベストな塗装のタイミングはいつ?」

「屋根塗装にかかる費用はいくら?」

「屋根塗装におススメの塗料は?」

などの屋根塗装を検討している人が気になる内容について解説します。

■1.屋根塗装は必要?■

ずばり屋根塗装が必要かどうかは、屋根の種類によります。とはいえ、以下の表をご覧いただければわかる通り、ほとんどの屋根は塗装が必要です。

なぜ、塗装をする必要があるのかというと、屋根を長持ちさせる為です。仮に、塗装しなければ・・・屋根の劣化が進行するにつれ、劣化箇所から雨水が浸入するようになります。雨水が染み込んだ屋根は、加速度的に劣化が進行するため、早々にダメになるでしょう。また、屋根から入り込んだ雨水が、さらに奥の住まい内部にまで浸入すると、雨漏りやカビ、シロアリなどを誘発させてしまう可能性も。雨漏り・カビ・シロアリの発生によって(住まいの)躯体の腐食が進むようなことになれば、最悪の場合、住まいが早々に寿命を迎えてしまう・・・なんてことも考えられるのです。

■雨水で腐食した断熱材■

一方で、定期的に塗装メンテナンスをすれば、塗膜(塗装後に出来る塗膜の膜)が劣化箇所を覆い、雨水の浸入をブロックするため、屋根は防水性を維持することができます。つまり、(塗装メンテナンスをすれば)屋根の劣化進行を防げるため、屋根を長持ちさせることができるというわけです。

重要なのは屋根の劣化が進行して、屋根がダメになる前に、ベストなタイミングで塗装によるメンテナンスをすることです。

■2.屋根塗装が必要なタイミングはいつ?■

屋根塗装が必要となると、気になるのは「今すぐ塗装が必要なのか?」「いつ塗装するのがベストなのか?」でしょう。

①屋根を施工してから「10年前後」一つの目安に

屋根塗装時期は、一般的に屋根を施工(設置)してから10年前後と言われています。つまり(屋根を施工してから)10年前後が経過している場合には、塗装時期を迎えているかもしれないということです。

ただし、10年前後というのは、あくまで目安です。屋根の耐久年数は、屋根の種類によって、また製品によっても異なります。また、住まいも環境下(天候や日当たり、周囲に工場があるか、沿岸地域かどうかなど)によっても、劣化の進行スピードは大きく変わります。そのため、10年を前に早々に塗装によるメンテナンスが必要となることもあれば、10年を過ぎてもまだ問題がない(すぐに塗装メンテナンスをする必要はない)こともあります。

では、塗装時期かどうかを正確に判断するためにはどうすればいいかというと、「屋根の劣化症状」で見極めるのが確かです。

②劣化症状を確認すれば塗装のタイミングがわかる

屋根にあらわれる劣化症状によって、屋根塗装が必要なタイミングを見極めることができます。具体的には、屋根の劣化が進行し、以下のような劣化症状があらわれている場合は、防水性などが失われてきたサイン。塗装が必要なタイミングです。

以下のような劣化症状を放置すると、屋根が早々にダメになる他、雨水が住まい内部にまで浸入し、住まいに甚大な被害を及ぼすことも十分に考えられます。

【屋根塗装が必要な劣化の症状】

〇ひび割れ〇            〇変退色〇

      

〇藻・コケ発生〇          〇塗膜剝離〇

      

〇欠け〇              〇反り〇

      

〇めくれ〇             〇白華現象※白く汚れている部分〇

      

上記のような劣化症状が見られる場合でも、劣化が軽度であれば、屋根全面を塗装せず部分補修で済むことも。逆に、劣化が大きく進行している場合には、塗装では補修しきれず、重ね葺き(カバー工法)や、葺き替えが必要となることも。

【重要】屋根の劣化症状の確認はプロに依頼してください!!

屋根にあらわれている劣化症状から、塗装のタイミングを’自身’で見極めようとすると、屋根全体をまんべんなく確認するために、どうしても屋根に上がる必要が生じてきます。屋根の上(高所)での立ち回りは、知識と経験のあるプロでも転落事故が起こっているほど危険です。素人にどれほど危険なのかは、言わずもがなでしょう。自身で屋根に上がって劣化症状を確認してまわるなどの行為は絶対にやめてください。

「ベランダから見下ろせる屋根をチェックする」「近くの高い建物などから望遠鏡で見る」など屋根の上などの高所に上がらず確認するのであれば問題ありませんが、本格的な劣化症状の確認はプロに依頼するのが賢明です。

ちなみに、屋根の劣化症状を診るだけなら、無料で対応してくれる塗装業者も少なくありません。まずは、問い合わせをして相談してみるといいでしょう。

■3.屋根塗装にかかる費用はいくら?■

「屋根塗装には、一体いくらかかるのか?」が気になっている人も少なくないでしょう。
この章では、
・屋根塗装にかかる費用相場
・塗装費用を抑えるために押さえておきたい知識

①屋根塗装の費用相場

屋根の費用相場は、下記のとおりです。

〇屋根塗装の費用相場〇

相場価格:40万~60万円

一般的な二階建て住宅の場合、(塗り面積50~80㎡・足場費用込)

※上記はあくまで相場価格です。
※屋根塗装の費用は屋根の大きさ(広さ)や劣化の進行具合、選ぶ塗料の種類などによって大きく異なります。場合によっては、上記の相場価格と大きく異なることもあります。
※屋根と一緒に外壁も塗装する場合は、別途、外壁塗装の費用がかかります。

②屋根塗装と外壁塗装は同時がお得

屋根と外壁は同じタイミングで塗装するのがお得です。なぜ同時に塗装するのがお得かというと、足場費用が抑えられるためです。

大前提として、屋根塗装をするにも、外壁塗装をするにも、足場を設置する必要があります。そして、この足場の設置には、一般的に数十万円ほどの費用がかかります。

屋根塗装と外壁塗装を別々ですれば、当然、この足場費用は2回分かかることになりますが、(屋根塗装と外壁塗装)同時にすれば、足場1回分の費用が抑えられるためお得というわけです。

もちろん1回の塗装費用だけで考えると屋根塗装だけの方が安くすみますが、いつかは外壁塗装も必要となることを考えると、屋根塗装と外壁塗装を同時に行なう方がトータルコスト(塗装にかかる全費用)は断然お得であることは間違いありません。

■4.屋根塗装を成功させるために!!押さえておきたい「塗料選びの知識」■

屋根塗装を成功させるためには、塗料選びも非常に重要となります。

①屋根用塗料を選ぶときに考えたい4つのポイント

いざ屋根用塗料を選ぶ段階となった時に、「どの塗料製品を選べばいいかわからない」「どうやって選り抜けば…?」などと迷ってしまう人は少なくありません。そこで、ここでは、屋根用塗料を選ぶときに考えたいポイントを4つご紹介いたします。

以下4つのポイントについて検討いただければ、自身が選ぶべき屋根用塗料が見えてくるはずです

【屋根用塗料を選ぶときに考えたい!4つのポイント】

〇耐久性(耐久年数)〇

どのぐらいの耐久性(耐久年数)の屋根用塗料にするかは、塗料選びの重要なポイントとなります。平均的な耐久年数は10年前後ですが、7年~、15年~などの塗料製品もあります。「塗装メンテナンスの頻度を抑えたい」といった場合は、耐久年数が15年~といった耐久性の高い(耐久年数の長い)塗料製品を選ぶと良いでしょう。
屋根と外壁を同時に塗装する場合は、次回も同じタイミングで再塗装の時期を迎えられるように考えて塗料を選ぶのがオススメです。

〇性能〇

塗料製品によって備えている性能(防汚性、遮熱性、防藻・防カビ性など)の有無や内容、程度が異なります。そのため、「屋根用塗料に、どういった性能を求めるか」は塗料選びのときに考えるべきポイントの一つです。
ちなみに、屋根用塗料で人気の性能は、「遮熱性」です。

〇価格〇

屋根用塗料は価格帯の幅が広く、高価格帯、中価格帯、低価格帯まで様々です。傾向としては、耐久性が高く、様々な性能を備えている(防汚性、遮熱性、防藻・防カビ性など)塗料ほど高額です。
お伝えしておきたいのは、安さだけを重視して塗料を選ぶのはオススメできないということです。なぜならば、安価な耐久性が低い塗料を選ぶと、劣化の進行が早く、頻繁に塗装メンテナンスが必要となり、かえって高くつくこともあるためです。安さを重視する場合にも、価格だけでなく耐久性や性能なども併せて検討するのが、賢い塗料の選び方です。

〇色(カラー)〇

大前提として押さえておいていただきたいのは、塗料製品によってカラーラインナップが異なるということです。たとえばA製品にはある色が、B製品にはないことも珍しいことではありません。屋根に塗装したい色が明確にある場合には、それだけで塗料製品がグッと絞られる可能性もあります。
そのため、屋根色にこだわる場合は、あらかじめその色を塗装業者に伝えておき、その色に近い色をラインナップしている塗料製品を提案してもらうのが良いでしょう。

②色選びに迷っている方へ!人気の屋根用塗料カラーを紹介!

塗料を選ぶときに最も迷うのが「色(カラー)」でしょう。
以下、外壁・屋根用塗料の人気カラーランキングです。

屋根用塗料は、汚れが目立ちにくいダークカラーが人気です。

〇外壁との色の組み合わせ〇

外観の印象は、屋根と外壁、付帯部などの組み合わせで決まります。そのため、屋根色だけにこだわるのではなく、「外壁色、付帯部の色などとの組み合わせたときに、どう見えるのか」まで考えるのがポイントです。

〇地域の景観〇

住まいの外観は、その地域の景観にも大きく影響します。そのため、特に「奇抜な色の屋根にしたい」といった場合は、その色の屋根にしたときに「地域の景観から浮かないか」「悪目立ちすることはないか」などの配慮も必要です。
また、地域によっては「景観ガイドライン」が定められており、屋根や外壁の色彩に規制がある場合もあります。このあたり、屋根用塗料を選ぶ前に確認をしてくと安心です。

③オススメ屋根用塗料5選

〇オススメの屋根用塗料5選〇

①スーパーシャネツサーモSi

特殊無機顔料の使用により高い遮熱性を実現。色あせしにくく、美観を長期間保持する、高機能の屋根用シリコン樹脂塗料です。

②シャネツトップワンSi-JY

遮熱性、耐候性、防錆力などに優れた金属屋根・金属サイディング用の上塗材。錆止め下塗材が不要なため、工期の短縮に貢献します。

③超低汚染リファイン500Si-IR

建物の美観を保持する「美観保持機能」に優れた屋根用塗料。2液型シリコン樹脂の採用により、高い耐候性を持ち合わせます。

④超低汚染リファイン500MF-IR

建物の美観を保持する「美観保持機能」に優れた屋根用塗料。無機成分を配合したことにより従来の凌ぐ「超耐久性」を併せ持ちます。

⑤無機ハイブリットコートJY-IR

超耐久性を実現した無機ハイブリット塗料に遮熱機能を加えた、屋根の表面や室内温度を下げる遮熱塗料です。

■5.屋根塗装の流れ(工事工程)■

もちろん屋根塗装工事は、プロにお任せすることになるため、工事工程を一つ一つ細かく把握しておく必要はありません。「いつ・どんな工事をするのか?」が気になる場合や、「どの程度、工事が進んだのか?」を知りたい時などに、ご活用下さい。

〇屋根塗装の流れ(工事工程)〇

①足場設置前の現場確認

塗装工事前に、塗装業者等が現場確認に訪れます。足場設置や塗装工事の障害になりそうなものは、すべて動かすことになります。※立ち合いが必要※

②足場の設置

屋根塗装工事は高所作業となるため、足場を設置します。

③高圧洗浄

高圧洗浄機を使用して、汚れやほこり、藻・コケなどを洗い流します。

④下地処理

屋根に生じている劣化症状に応じて補修などの処理を行い、塗装ができる状態にします。

下地処理例) ・釘の打ち直しなどの処理・部材の交換・ケレン(金属系に屋根)

⑤養生

塗料が飛んで汚れたりしないよう、塗装しない箇所をビニールやテープで覆います。

⑥屋根塗装(下塗り・中塗り・上塗り)

多くの場合、屋根塗装は3回塗りです。下塗り⇒中塗り⇒上塗りの順で、塗料を塗り重ねていきます。

⑦完了検査

現場責任者と一緒に、仕上がりを確認します。※立ち合いが必要※

⑧足場の解体

最後に足場を解体します。

⑨完成

※場合によっては、「足場設置前の現場確認」「完了検査」以外のタイミングで立ち合いを求められることもあります。

※雨天時など、天候によっては屋根塗装工事をすることができません。そのため、雨天が続くなどした場合は、工事スケジュールが後ろに倒れることもあります。

※ストレート屋根を塗装した場合は、塗装前後にスレートの重なり部分を切り取る「縁切り」を行います。

■工事工程表■

たとえば、「何月何日に洗浄をするのか?」など、具体的な工事スケジュールが知りたい場合は、塗装業者が作成する工事のスケジュール表’工事工程表’を工事前にもらっておくのがおススメです。また、雨天などにより塗装工事が大きく遅延した場合などは、再度、工事工程表をもらえるようにお願いしておくと良いでしょう。

屋根塗装の必要有無は、屋根の種類によって異なりますが、多くの屋根は塗装が必要です。(塗装が必要な屋根は)定期的に塗装によるメンテナンスをすることで、屋根を長持ちさせることができます。

屋根塗装が必要なタイミングは、屋根を施工(設置)してから10年前後が一つの目安です。より正確なタイミングは、屋根にあらわれている劣化症状を確認することで見極めることができます。

★★★上記の内容に一つでも当てはまる方★★★

まずお見積りを見てから、お考え頂いても全然構いませんよ~(^^♪

外壁塗装・屋根塗装をお考えの方は、お気軽にご連絡ください(*^^*)

 ********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)

Panasonicショールームにてキッチン体験会(‘ω’)ノ

********************************************************************************************

鹿児島市で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、【Panasonicショールーム体験会について】ご紹介させていただきます(^O^)/

昨年、イオン鹿児島近くに新OPEN致しました、Panasonicさんショールーム見学&キッチンを体験させていただきました(*^^*)

■お風呂■

壁・浴槽・椅子、全て黒を基調としたお風呂に仕上げています。

■トイレ■

自動開閉・自動洗浄。壁は、グレーと白のツートンカラー。

さらに、車いす専用トイレは、ドア・便器に触れることなく、手をかざすだけで、両方開閉します。

■キッチン■

壁にかかっている物全て、磁石で引っ付いております。今流行り♪♪

■話を聞いている様子■

ちなみに社長・営業マン・事務員達です!!

■メインの調理の時間■

営業マン3人によるザ・男飯(笑)

通常コンロは2つ!!しかし、今回のPanasonic製品は、横並びにコンロ3つ!!

しかも、男性3名横に並んでも、狭くなく調理出来る、壊れた時は、一つ一つ交換出来るので良いですね~♪♪♪

ちなみに作っているのは、瓦そば!!と唐揚げ(*^^*)

外壁塗装・屋根塗装だから瓦そばなのかな??(笑)

続いては、盛り付け!!と卵作り!!事務員親子で盛り付け&卵作りです(*^^*)

対面でどちらからでも調理出来る所もまた良いですね~(^^♪♪♪

えっと・・・これはフライング!!なんと試食している様です(゚д゚)!!

待ちきれなくてパクリっ(笑)

ちなみに、うちの社長です(*’▽’)

そしてついに・・・じゃーん!!♦瓦そば完成♦パチパチパチっ

その後、みんなで美味しく頂きました(/・ω・)/

 

Panasonicの皆様、お忙しい中、遅くまでお付き合いいただきありがとうございました!!

今後とも、よろしくお願いいたします。

トイレ・お風呂リフォームお考えの方、スマイルハウス坂口工務店でも取り扱っております(*^^*)

お気軽にご相談ください!!!!!

********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)