オフィシャルブログ

屋根9種類をご紹介(‘ω’)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

********************************************************************************************

こんにちは!事務の拵です!!

今回は、屋根9種類をご紹介させていただきます(^^)/

■スレート■

スレートは、代表的な屋根材のひとつです。

見た目がスタイリッシュで低コストなため、近年では多く採用されています。

原料は、セメントにアスベストなどの繊維材料を混ぜて薄く伸ばしたもので作られています。軽量で施工しやすく、地震に強い屋根材です。

経年変化により表面の塗膜が風化し、色褪せなどで美観が損なわれますので、素材の劣化を防ぐために、定期的な塗装の塗り替えが必要です。

塗り替えの際は、高圧洗浄を行い、カビやコケなどを落としてから塗装を行います。塗料の種類は、傷みの状態やコスト面などを考慮して選ぶと良いでしょう。

■セメント瓦■

セメント瓦とは、セメントと砂を主原料として成形し、乾燥させたものです。伝統的な和風な形から、フラットな形まで、バリエーションが豊富にあり、表面の塗装で、いろいろな色の瓦にすることができます。

ただ、もともと、瓦自体の耐久性が高くないので、表面の塗装が剥がれるとコケやカビが発生し、防水機能がさらに低下してしまいます。そうなる前に、早めの塗り替えを行うことで、瓦の寿命を大幅に延ばすことができます。

塗り替えは、塗膜の浮きや、剥がれの「けれん作業」を行ったあと、一般的な塗装工程に入ります。

■トタン■

トタン屋根は、金属系の屋根材で、薄い鋼板に、錆止めである亜鉛メッキを施したものです。軽量で地震にも強く、低価格なため、高度成長期を中心に、多く用いられました。

トタン屋根を長持ちさせるためには、塗膜が劣化し始める前に、塗装をすることが大切です。塗膜が剥がれてしまうと、錆びて穴が開いてしまうことがあるからです。

塗装工程として、高圧洗浄を行いますが、穴が開いてしまいそうなときには注意が必要です。下塗りでは錆止め材を塗り、その後、中塗り、上塗りを施します。

■金属屋根■

金属屋根とは、金属素材でできた屋根材の総称です。

金属系の屋根材には、トタンと呼ばれている亜鉛メッキ鋼板や、ガルバリウム鋼板、その他にも、ステンレスや銅など、様々な種類があります。

金属素材は加工がしやすいため、バリエーションが豊かなことが特徴です。

屋根が塗装されている場合は、塗装の状態を、定期的に点検する必要があります。部分的なふくれや、錆が認められたら、塗り替えの時期でしょう。

塗装の際は、高圧洗浄でほこりや汚れを落としたあと、発生している錆の除去などの下地処理をする必要があります。

■アスファルトシングル■

アスファルトシングルの材質はフェルト類の基材に

アスファルトを浸透させた板状の建材で、表面を砂粒で着色し主に屋根材として用いられています。元が防水紙なのでとても柔らかく、他の屋根材で見られる割れや発錆がありません。

開発された当初は火に弱いという欠点があり、日本の防火地域や準防火地域では使用ができませんでしたが、現在では、グラスファイバー(ガラス繊維)基板にアスファルトをコーティングした「グラスファイバーシングル」が、防火材認定され、防水性、耐久性、施工性、耐震性に優れた軽い屋根材として急速に普及しています。

■アスファルトシングル防水■

アスファルトの被膜を利用して、アスファルトルーフィングシート類を重ね、連続一体化した積層防水層を作り上げる工法で、水密性・耐久性に優れた信頼性の高い防水層が得られるのが特徴です。ルーフィングシートを積層することにより、水密性に優れた防水層が構成されるので、露出仕上げや押えコンクリートで仕上げたり

屋上緑化を施したりと多彩な仕上げが可能です。

二層以上の積層工法が原則で、水密性・耐久性とも高く、施工の不具合が出にくい工法ですが、工程が多いため工期を要します。

■和瓦(いぶし瓦)■

 

この瓦は無釉系粘土瓦の一種でいぶし瓦と呼ばれ、粘土を瓦の形にかたどった後、釉薬をかけずに窯の中にいれて焼き、その後蒸し焼きにして瓦の表面に炭素膜を形成させた瓦です。

高級感のある色つやがあり、瓦の表も裏も渋い銀色をしているのが特徴で和風住宅の屋根や日本建築のお城や寺社などによく使われています。

断熱性や通気性などが高く、素材のリサイクルができるので環境製も良いというのが特徴です。また、塩分を含んだ水による塩害や寒さによる凍害を起こしやすいという特徴もあります。

■モニエル瓦■

この瓦はモニエル瓦と呼ばれ、セメントと川砂を混ぜ合わせて作られる「乾式コンクリート瓦」といわれるヨーロッパ発祥のセメント瓦の一種です。

通常の瓦とは違い、表面に「スラリー層」というセメントの粉が薄く吹き付けてあります。

塗装をされる際には表面の劣化したスラリー層をできるだけ取り除いてから施工をすることがとても重要になります。

■陶器瓦(釉薬瓦)■

この瓦は陶器瓦と呼ばれ、粘度を瓦の形にかたどった後、釉薬をかけ、窯の中で高温で焼き上げる瓦です。代表的なものとして三州瓦や石州瓦があり、重厚な外観や波方状の伝統美で和風の住宅によく使われています。瓦表面の釉薬(うわぐすり)がガラス造りの為、水が浸透せず、劣化しにくいと同時に耐久性が非常に高い屋根材です。反面、雨仕舞いが悪いので、瓦は長持ちするが下地の劣化のほうが早いという側面もあります。

★★相談のみでもOKです(^^)/お気軽にご相談ください~(*^^*)★★

********************************************************************************************

鹿児島で屋根塗装・外壁塗装、屋根葺き替え工事でお悩みの方は

スマイルハウス坂口工務店・プロタイムズ鹿児島中央店まで

住所:鹿児島市宇宿2丁目4-23

TEL:099-296-8985

FAX:099-296-8986

営業時間:10:00~20:00

ご連絡お待ちしております(*^^*)